足さばき [方向を変える足さばき]|初心者のための剣道「基本を極める」

右足を軸にして小さくそして速く回転して 素早く相手を攻撃する姿勢をとる。
MENU

足さばき [方向を変える足さばき]

●足の構え
足さばき [方向を変える足さばき]
右足を軸にして小さくそして速く回転して
素早く相手を攻撃する姿勢をとる

@A打突をするために前に踏み出し、打突の勢いでそのまま送り足で前へでる

 

B竹刀を立てる位置は体の中心

 

右足を軸に回る

 

右足を軸にして回転する

 

C小さく、速く回る

 

左足を素早く引きつけ、正しい足の構えをとる

 

Dすぐさま剣先を相手に向け、右足から一歩踏み出して
攻撃姿勢をとる

 

右足から一歩前へ踏み出し、相手を攻める体勢にする

 

方向転換の足さばきは、素早く体の向きを変えるときに使う。
例としては、残心をとるときのように、相手に打ち込んだ後に
すぐに相手に向きなおるときなど。

 

体を回転させるときは、右足を軸(中心)にして小さく速く回るようにする。
そうすることで、回った後に右足が前、左足が後ろになるので
自然と正しい足の構えとなる。
左足を軸に回転してしまうと、回った後の足の構えが左が前、右が後ろになるため
正しい足の構えに戻さなくてはいけない。

 

また、回った後は、すぐに相手へ攻め込む体勢が取れるようにしたい。
素早く剣先を相手に向け、同時に右足から一歩前へ踏み出すようにする。

 

 

方向を変える足さばきの動き
体を回す瞬間に隙をつかれてしまわないように
右足を軸にして、相手のいる方向を見ながら
相手に後ろを見せないように素早く回る。

 

>>>竹刀の握り方

1554名が手にした教士八段から学ぶDVD教材

剣道,稽古,基礎,足さばき

なかなか文章だけで伝えるのは難しい。
実際の動きを確認しながら習得するのが一番だ。

しかし、なかなかその機会や時間が取れない、良い動画の教材がないか?
と、問い合わせをいただくことも多い。
そこで、動画で解説されており、非常に分かりやすく、ポイントを押さえて学べる教材をご紹介しておく。

教士八段 香田郡秀先生の教材であるから、内容は素晴らしい。
実際の動きを観てしっかりと基本を身に付けつつ、香田先生の技も可能な限り盗んでもらいたい。



>>>教士八段 香田郡秀先生の実績はこちら

スポンサーリンク

 

このページの先頭へ