MENU

空間打突[胴打ち]

振るときは手首を斜め45度

胴の高さで床と平行に止める

 

胴打ちは、斜め振り
空間打突の左右面打ちで紹介したように
手首の返しを使って竹刀を振り下ろす。
振りかぶった後は、手首を返し、手を斜め45度にして振り下ろす。
そして振り下ろした竹刀は、床と平行に胴の高さで止める。
胴打ちの正しい刃筋は、止めた竹刀の弦の向きが、斜め横である。

 

  1. 中段の構えから
  2. 竹刀の振り上げは、大きく面を打つときと同様に
  3. 左こぶしが額の前にくるまで振りかぶる

     ※斜め45度に手首を返して振る

  4. 振り下ろすときに、左こぶしが正中線(体の中心線)の上からずれないように注意
  5. 胴の高さで竹刀をしっかりと止める

     ※竹刀を止める位置は、床とだいたい平行になるところ

 

胴を打つ位置

実際に胴があると仮定し、相手の右胴を物打で
正しい刃筋(弦が斜め横向き)で打つ

 

胴打ちの手の内は手首を返し、手の内は斜め45度

 

○良い例
左こぶしは正中線の上で、斜め45度に振り下ろして打つ

 

×悪い例

  • 横から打っている
  • 左こぶしが、正中線(体の中心線)上に位置していない

 

>>>打突部位と一本になる打突について

1554名が手にした教士八段から学ぶDVD教材

剣道,稽古,基礎

なかなか文章だけで伝えるのは難しい。
実際の動きを確認しながら習得するのが一番だ。

しかし、なかなかその機会や時間が取れない、良い動画の教材がないか?
と、問い合わせをいただくことも多い。
そこで、動画で解説されており、非常に分かりやすく、ポイントを押さえて学べる教材をご紹介しておく。

教士八段 香田郡秀先生の教材であるから、内容は素晴らしい。
実際の動きを観てしっかりと基本を身に付けつつ、香田先生の技も可能な限り盗んでもらいたい。



>>>教士八段 香田郡秀先生の実績はこちら

スポンサーリンク

 

このページの先頭へ