実戦での面打ち|実戦での打突のしかた

実戦での打突のしかたのうち、面打ちのしかたを解説します。
MENU

実戦での面打ち|実戦での打突のしかた

打ち込みは、面の打突部位を狙うのではなく

相手の鼻から目のあたりを狙うイメージでおこなう

 

実戦での面で一本を取るには、小さな竹刀の振り上げから
素早く打ちにいかなければならない。

 

そのためには、相手の面の打突部位ではなく
鼻から目のあたりを狙って打ち込むように意識したい。

 

また、速く打とうとあせると、手だけで打ちにいきがちだが
きちんと足を踏み込んで、腰を入れて打つことが重要である。

 

相手の鼻から目のあたりを狙って打つ

 

@:遠い間合いから、相手の竹刀に触れながら中心をとる

 

打ちにいくタイミングは、相手の竹刀が自分の中心からはずれた瞬間
右足を前へスライドさせる

 

A:右足を前にスライドさせながら、一足一刀の間合いに入る

 

C脇を締めて腕は自然に伸ばす。腰を入れて打つ。
B〜C:相手の剣先が自分の中心からはずれたら、即座に小さく振りかぶって
面を打ちにいく

 

D:まっすぐに進んで、残心をとる

 

×悪い例
打突した後に手元を上げすぎてしまうと、腰の力が抜ける

 

×悪い例
脇が開き、左こぶしが安定していないと、打突が流れてしまう

 

■用語解説
*仕かけ技・・・先にこちらから相手に技を仕かけていく形。
*応じ技・・・相手の打突をさばいたときにできた隙を攻めていく形。

1554名が手にした教士八段から学ぶDVD教材

実戦で,面打ち

なかなか文章だけで伝えるのは難しい。
実際の動きを確認しながら習得するのが一番だ。

しかし、なかなかその機会や時間が取れない、良い動画の教材がないか?
と、問い合わせをいただくことも多い。
そこで、動画で解説されており、非常に分かりやすく、ポイントを押さえて学べる教材をご紹介しておく。

教士八段 香田郡秀先生の教材であるから、内容は素晴らしい。
実際の動きを観てしっかりと基本を身に付けつつ、香田先生の技も可能な限り盗んでもらいたい。



>>>教士八段 香田郡秀先生の実績はこちら

スポンサーリンク

 

このページの先頭へ