実戦での突き|実戦での打突のしかた

実戦での打突の中で、突きのしかたを説明します。
MENU

実戦での突き|実戦での打突のしかた

剣先で相手の鍔元を攻め、それに反応した相手の剣先が
下がった瞬間を狙って突く

 

突きには以下の3種類がある。

 

[前突き]剣先を下げて相手の鍔元を攻め、
相手が剣先を下げた隙を狙って、まっすぐに突くこと。

 

[表突き]剣先で相手の裏を攻め、相手が剣先で左へ押し返してきたときに
相手の竹刀の下から自分の竹刀を通して表に回し
手首を左へひねりながら突くこと。

 

[裏突き]剣先で相手の表を攻め、相手が剣先で押し返してきたときに
相手の竹刀の下から自分の竹刀を通して裏に回し
手首を右へひねりながら突くこと。
表突きと左右対称の動きになる。

 

突くときは腕の力は抜いて、両手を少し内側へ絞りながら
腰を入れて突くように意識する。

 

 

@:遠い間合いから相手を攻めて、一足一刀の間合いに入る

 

A剣先を下げて相手の鍔元を攻めようとすると
相手が剣先を下げるので、その瞬間を見逃さずに、真っ直ぐ突く
A:剣先を下げて相手の鍔元を攻撃する。
それに反応した相手が剣先を下げた瞬間に踏み込んでいく

 

B腕の力を抜き、両手を内側に絞りぎみで突く
B:突くときは、腰を入れ、両手をやや内側に絞りながら

 

C:突いた後は即座に手元を引き戻す

 

D:中段の構えをとり、残心を残す

 

■用語解説/表を攻める、裏を攻める
・・・表の状態とは、自分から見て、自分の剣先が相手の竹刀の右側にあること。
逆に、剣先が相手の竹刀の左側にあることが、裏の状態となる。
自分の竹刀が表の状態で相手の中心をとることを「裏を攻める」、
裏の状態で相手の中心をとることを「裏を攻める」という。

1554名が手にした教士八段から学ぶDVD教材

実戦,突き

なかなか文章だけで伝えるのは難しい。
実際の動きを確認しながら習得するのが一番だ。

しかし、なかなかその機会や時間が取れない、良い動画の教材がないか?
と、問い合わせをいただくことも多い。
そこで、動画で解説されており、非常に分かりやすく、ポイントを押さえて学べる教材をご紹介しておく。

教士八段 香田郡秀先生の教材であるから、内容は素晴らしい。
実際の動きを観てしっかりと基本を身に付けつつ、香田先生の技も可能な限り盗んでもらいたい。



>>>教士八段 香田郡秀先生の実績はこちら

スポンサーリンク

 

このページの先頭へ