MENU

竹刀の基本の振り方[上下振り]

振り上げは大きく息を吸いながら

振り下ろしは息を吐きながら

 

上下振りは、正しい刃筋で竹刀を上下に振ることを身につけるための稽古。
正しい構えから、竹刀を振り上げるときに大きく息を吸い込み、その息を吐きながら振り下ろす。

 

ポイントは、竹刀を振っている間も、左こぶしの握りを緩めないことと、左こぶしが正中線(体の中心線)の上からずれないようにすることだ。

 

竹刀を振り上げたときに、剣先が左こぶしよりも下がらないように注意が必要である。
また、左こぶしが額の前にきたときには、こぶしひとつ分のすき間ができるようにする。

 

上下させるときは、左こぶしが正中線からはずれないように

 

剣先は天井を突け上げるつもりで上げる
振り下ろしたときに脇を締めることを意識する
そうすることで自然と手の内(手の内の決め方)もきまる

 

左こぶしの握りは、どの体勢でも緩めないように

 

背中の筋肉に意識を持って竹刀を上げる
剣先は左こぶしの高さよりも下がらないように注意
振り下ろしは膝よりもやや低い位置まで

  1. 中段の構え
  2. 息を吸いながら、肘を耳につけるつもりで竹刀をゆっくりと振り上げていく
  3. 左こぶしが額の前にきたら、竹刀を止めずに振り下ろす
  4. 息を吐きながら、竹刀を徐々に振り下ろしていく
  5. 剣先が膝より少し低い位置にくるまで振り下ろす

 

>>>竹刀の基本の振り方[斜め振り]

1554名が手にした教士八段から学ぶDVD教材

剣道,稽古,基礎

なかなか文章だけで伝えるのは難しい。
実際の動きを確認しながら習得するのが一番だ。

しかし、なかなかその機会や時間が取れない、良い動画の教材がないか?
と、問い合わせをいただくことも多い。
そこで、動画で解説されており、非常に分かりやすく、ポイントを押さえて学べる教材をご紹介しておく。

教士八段 香田郡秀先生の教材であるから、内容は素晴らしい。
実際の動きを観てしっかりと基本を身に付けつつ、香田先生の技も可能な限り盗んでもらいたい。



>>>教士八段 香田郡秀先生の実績はこちら

スポンサーリンク

 

このページの先頭へ