残心

残心とは、打突後も油断せずに、ただちに自分の体勢と気持ちを相手に向けること。
MENU

残心

打突した後も気を抜かず
相手への身構え気構えを示す

 

残心とは、打突後も油断せずに、
ただちに自分の体勢と気持ちを相手に向けること。
相手の動きがどうであれ、すぐに対応できるように
身構え気構えを示すことだ。

 

試合では残心をとったことをはっきり示さないと
正確な打突をしても、有効打突(一本)にならないので
注意しなければならない。

 

打突をして相手の横を抜けた後も、できるだけ相手から目を離さないようにし
右足を軸にして相手のいる側に体を向けて回り
相手とすぐ向かい合うようにする。

 

B:面を打つ

 

C:打突したら、素早く抜けていく

 

D相手に背中を向けて回ると、相手から目が離れてしまって
動きが見えなくなる。
必ず相手のいる側に体を向けてターンすること。
D:相手から離れた位置まで進んだら、相手のいる側に体を向けて回る

 

E素早く構えをとって、相手の動きにすぐに対応できるようにする
E:素早く相手と向かい合う

 

F前へ一歩出ることにより、次の攻めにつながる
F:前へ一歩出て、相手を攻める

 

残心のポイント
移動はつねに相手を見ながらおこない、素早く相手から離れて向き治る。

1554名が手にした教士八段から学ぶDVD教材

残心,剣道

なかなか文章だけで伝えるのは難しい。
実際の動きを確認しながら習得するのが一番だ。

しかし、なかなかその機会や時間が取れない、良い動画の教材がないか?
と、問い合わせをいただくことも多い。
そこで、動画で解説されており、非常に分かりやすく、ポイントを押さえて学べる教材をご紹介しておく。

教士八段 香田郡秀先生の教材であるから、内容は素晴らしい。
実際の動きを観てしっかりと基本を身に付けつつ、香田先生の技も可能な限り盗んでもらいたい。



>>>教士八段 香田郡秀先生の実績はこちら

スポンサーリンク

 

このページの先頭へ