MENU

空間打突[胴打ち]|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎
振るときは手首を斜め45度胴の高さで床と平行に止める胴打ちは、斜め振りや空間打突の左右面打ちで紹介したように手首の返しを使って竹刀を振り下ろす。振りかぶった後は、手首を返し、手を斜め45度にして振り下ろす。そして振り下ろした竹刀は、床と平行に胴の高さで止める。胴打ちの正しい刃筋は、止めた竹刀の弦の向きが、斜め横である。中段の構えから竹刀の振り上げは、大きく面を打つときと同様に左こぶしが額の前にくるまで振りかぶる ※斜め45度に手首を返して振る振り下ろすときに、左こぶしが正中線(体の中心線)の上からずれないように注意胴の高さで竹刀をしっかりと止める ※竹刀を止める位置は、床とだいたい平行になると...

» 続きを読む

空間打突[小手打ち]|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎
相手の竹刀に沿う感覚で振り下ろす中段の構えからまっすぐに振りかぶる振りかぶりは、左こぶしの下から相手の小手が見える高さまで。 ※面よりも小さな振りかぶりから振り下ろす上から竹刀が床と平行になるところまで振り下ろす。 ※相手の竹刀に沿わせるように(平行に)振り下ろす小手打ちの注意点竹刀を振り下ろすタイミングは、振りかぶった左こぶしの下から、相手の小手が見えたところで。面よりも振りかぶりは小さくなる。横からではなく、まっすぐに上から小手を打つ。相手の小手に注意がいかないようにする。相手の目を見ながら打つ。・小手を打つ位置実際に小手があると仮定し、小手の打突部位を物打で、弦が真上に向く正しい刃筋で打...

» 続きを読む

空間打突[左面・右面打ち]|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎
刃筋を正し、左手を体の中心からはずさずに打つ中段の構えから竹刀を振り上げる。左こぶしが正中線からずれないように。左こぶしが額の前にきたら手首を返す手首を返し、斜め45度の角度で竹刀を振り下ろす左面または右面の位置で竹刀をきちんと止める※左こぶしの移動は、いつも正中線上空間打突の左右面は、背中全体の筋肉を意識して竹刀を振り上げた後、手首を返してから振り下ろし左右の面を打つ。正面打ちと同様に、腕で竹刀を振り上げようとしないこと。竹刀を振り上げた後、手首を柔軟に返し、斜め45度の角度に竹刀を振りおろす。竹刀を面の高さで止めるときには、肩の力を抜いて胸と背中の筋肉で止めるような意識でおこなう。>>>空...

» 続きを読む

空間打突[正面打ち]|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎
振り下ろしたときに、胸の筋肉を意識し、肩の力は抜く空間打突の稽古は、相手がいると想定して、面や小手、胴などの打突部位に打ち込んでいく。上下振りや斜め振りで覚えた正しい竹刀の振り方を練習に活用しよう。正面を打つときの注意点左手はつねに正中線(体の中心線)の上を通るように握る。竹刀をしっかりと面の位置で止める。肩では止めない。 胸と背中の筋肉で上腕(肘と肩の間)を止める意識をもつ。面の位置で竹刀を止めたときの左手は、みぞおちの高さで。 右手は肩のやや下あたりにくるように。 剣先は、前の壁に突き刺さる位置に先がくるように止める。前振り上げは、腕だけでなく背中全体の筋肉を意識すること。自然に手の内がき...

» 続きを読む

竹刀の基本の振り方[斜め振り]|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎,斜め振り
左こぶしはつねに正中線上を移動させる握りを緩めないように前項で紹介した上下振りと同様の動きでまっすぐに振りかぶり、額の前で手首を返してから斜め45度の角度に振り下ろすのが斜め振りだ。上下振りと同じで、左こぶしの移動はいかなるときも正中線上であり、握りを緩めないように気をつける。振り下ろすときの竹刀の弦は斜め45度上に向け、刀でいえば刃の部分は斜め45度下を向く。正しい刃筋で振ることを心がける。竹刀を振り上げたときの手首竹刀を振り下ろすタイミングは、左こぶしが額の前まできたとき、右へ手首を返すように手首を返した状態。このまま振り下ろす息を吐きながら、振り下ろしていく弦の向きは斜め45度上、刃の部...

» 続きを読む

竹刀の基本の振り方[上下振り]|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎
振り上げは大きく息を吸いながら振り下ろしは息を吐きながら上下振りは、正しい刃筋で竹刀を上下に振ることを身につけるための稽古。正しい構えから、竹刀を振り上げるときに大きく息を吸い込み、その息を吐きながら振り下ろす。ポイントは、竹刀を振っている間も、左こぶしの握りを緩めないことと、左こぶしが正中線(体の中心線)の上からずれないようにすることだ。竹刀を振り上げたときに、剣先が左こぶしよりも下がらないように注意が必要である。また、左こぶしが額の前にきたときには、こぶしひとつ分のすき間ができるようにする。前上下させるときは、左こぶしが正中線からはずれないように剣先は天井を突け上げるつもりで上げる振り下ろ...

» 続きを読む

構えのチェックポイント|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎構え,チェックポイント
相手には隙を与えず、こちらは常に攻めていける状態という正しい構えを習得したい。鏡で、前や横、後ろからみた自分の構えをチェックしてみよう。チェックポイント@左手は正中線上に置く。左手親指の付け根の関節はへその前で体からこぶしひとつ離した位置へ×悪い例左手の位置が低く、剣先が上がっている↓左手の位置が不安定になることで、剣先の威力も落ちる左手の位置が高すぎる↓竹刀の握り方が横握りになってしまい、正確な打突ができないチェックポイントA背筋をまっすぐに伸ばした自然体で立ち、重心の位置は体の中心の下×悪い例前のめりになって、左足のかかとが上がり過ぎている↓手打ち(手だけで打突すること)になることが多い後...

» 続きを読む

構え|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎,構え
自然体で立ち、無駄な力を体から抜く。左こぶしの位置は、おおむね正中線の上で。前目付け(目線)は相手の目を中心に全身を見るように相手の目と目の間か左目に剣先の延長をつける左手親指の付け根の関節がへその前にくるように左こぶしは、おおよそ正中線の上に置く相手から見て攻め込む隙がない、自分からは常に相手を攻められる(動ける)準備ができているという体勢が正しい構えといえる。構えるときのポイントは、肩をリラックスさせて自然体で立ち、剣先の延長線に相手の目と目の間か、左目がくるようにする。このときに、左手の位置に特に注意が必要となる。左こぶしを自分の正中線(体の中心を縦に通る線)の上に置き左手親指の付け根の...

» 続きを読む

竹刀の握り方|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎,竹刀の握り方
竹刀の中心線上(弦の延長線上)で両手の親指と人差し指で”V”の字をつくる両手の親指と人さし指でアルファベットの”V”にする左手は柄頭いっぱいに握る竹刀の中心線上(弦の延長線上)に両手の親指と人さし指の分かれ目がくるように握る×悪い例親指と人さし指に力が入りすぎて、アルファベットの”V”ができていない状態。これでは竹刀をスムーズに振ることができない横から握ってしまうと、親指と人さし指の分かれ目が竹刀の中心線上にこない。さらに、左手も柄頭をあまらせている。竹刀を握るときに力を入れるのは、両手の小指、薬指、中指で人さし指と親指は、添える程度の力の入れ具合にする。右手の位置は、竹刀を握ったときに右肘が...

» 続きを読む

剣道の正しい姿勢(自然体)|初心者のための剣道「基本を極める」

剣道,稽古,基礎
●正しい姿勢(自然体)正確な構えをするために基本となる自然体は肩には力を入れずに、下腹部(丹田)を意識して立つ自然体の姿勢肩の力を抜く下腹部(丹田)に力を入れて立ち、ここに意識を持ちながら呼吸をする。体のどの場所にも無理、無駄な力がかかっていない姿勢を自然体といい自然体で立つことが剣道の正しい姿勢である。肩の力を抜き、ヘソの下付近(丹田)に力を入れて立つと自然体ができる。そして、丹田を意識しながら腹式呼吸をすることで全身の余計な力が抜けていき、まさに自然な姿勢で立つことができる。この自然体の姿勢は、剣道の正しい構えの土台にもなる。自然体で構えをつくる腕を後ろから前へ、肩甲骨を意識して肩から大き...

» 続きを読む

教士八段 香田郡秀先生 剣道の極意

剣道,稽古,基礎

このページの先頭へ